投稿

10月 17, 2010の投稿を表示しています

航空交通ライブ!

チューリッヒ大学 ( ZHAW )は、修士論文の研究のために「航空交通ライブ(空港まで300km)」アプリケーションを発表しました。スイス周辺、南ドイツの航空管制データを使って、飛行機の飛行コースをリアルタイムに見ることができます。リアルタイム・レーダー映像 >>>

こうした公共のデータを使い、それを新たな手法でヴィジュアライズ(可視化)するアイデアは素晴らしいですね。可視化することで、いままで見えなかったことが見えてきます。またこれを、簡単にYoutube や、大学サイトで公開するところが、現代的です。まさにメディアを縦横無尽に使った研究ですね。

世界中にこんなに飛行機が飛んでるんだ!まるでハチの大群が巣箱から巣箱に移動しているみたいですね。いやこれはまさに、ハチが大挙してエサを集めているすがたそのままではありませんか。人間社会において、重要な場所(経済や産業の中心)は、ヨーロッパ / アメリカ / ブラジルのトライアングルに集まっているんですね。それから、日本とアジア各国に広がる経済圏。昨日ちょうど、羽田空港の国際線がオープンとなりました。日本や中国の空港の、国際的な役割が変わっていく姿も、この研究から見えてくるかもしれませんね。



ZHAW Zürcher Hochschule für Angewandte Wissenschaften
Technikumstrasse 9 Postfach CH-8401 Winterthur

zhaw School of Engineering >>>
東京工科大学・メディア学部公式ブログ >>>

-

今日は死ぬのにもってこいの日

イメージ
心の豊かさを失い文明社会の波間に漂う現代人。この本「今日は死ぬのにもってこいの日」には、現代人乾いた魂を潤す、人間情緒豊かな言葉がたくさん収められている

ニューメキシコ州のタオス・プエブロ・インディアンと長年の交流を持った、ナンシー・ウッド氏が、採録したインディアンの叡智なのだ。ひとつひとつの言葉が真珠のようにかがやいて、偉大な思想をふちどっていく。仏教思想になじんだ日本人にとって、彼らの言葉が釈迦の教えに酷似していることに、驚かされる。

以下、一節を引用させていただく。

____________________

年月の広がりの中で、わたしは自分自身を時間で包む、
人生の様々な層で、わたしを包み込む毛布のように。
わたしは君にこうしか言えない、
わたしはどこへも行かなかったし、あらゆるところへ言ったと。
わたしはこうしか言えない、
今やわたしの旅は終わったけれど、実は始まっていないのだと。
過去のわたしと未来のわたし
それはいずれも、今のわたしの中にある、このように。

<  中略 >

わたしは鷲。
狭い世界は、わたしのやることを笑いのめす。
だが大空は、不滅についてのわたしの考えを
その胸に収めて、他に語らない。

____________________

In the distance of my years I cover myself with time
Like a blanket which enfolds me with the layers of my life
What can I tell you except that I have gone
nowhere and everywhere?
What can I tell you except that I have not begun
my journey now that is through?
All that I ever was and am yet to be
Lies within me now this way.

- - - - - - - - - - - - -

I am an Eagle.
The small world laughs at my deeds.
But the great sky keeps to itself
My thoughts of immortalit…