投稿

7月 1, 2018の投稿を表示しています

素晴らしい人たち

イメージ
たいへんな大雨がつづく中、研修で関西に出張してきました。交通機関の乱れを心配したけれど、新幹線はなんとか動いていて無事に帰宅できました。新大阪駅のコンコースは、払い戻しや乗車変更の人たちが長蛇の列で並んでいましたが、特に殺気立つようなこともなく、みな整然と順番を待っていて、なんの混乱も感じられませんでした。さすがは日本。
大阪より戻って市川駅のホーム。そこにお腹を抱えてうずくまる人がいた。気にしながらも立ち去る乗客が多い中で、一人の女性が声をかけていた。その女性は少し話をすると、そのまま駅のコンビニで水を買って戻ってきて、うずくまっている人に飲ませてあげていた。貧血のようだ。私も何かしなければ。ホームの事務所で駅員さんを呼ぶなどお手伝いたしました。
その後ホームでの女性は、何もなかったように立ち去りましたが、世の中に真に良い人とはいるものです。
先日、麻布のツタヤでこんなことがありました。うっかり2階フロアのトイレに携帯をおいたまま売り場に戻った私。しばらくDVDコーナーを徘徊して、気づいた時にはだいぶ時間も経っていた。焦ってトイレにダッシュで戻りました。
すると驚いたことに、ある長身の男性が、私の携帯を持ったままトイレ前に立っていた。なんと私のこと、あるいは電話がかかってくるのを待っていてくれたのだ。なんていい人なのだろう。どこにも届けずに私のことを待っていた。こんな良い人がいるのか。
初めて訪れたポーランド。彼の地でもあちらこちらで親切にしてもらう体験をしました。良い人たち、素晴らしい人たちというのはどこにもいて、そういう方に出会うことが本当の幸せだな。と、そのように思うのでした。

戻ってこれないかも

イメージ
記録的に早い梅雨明けとのことですが、あまりの気温上昇に口あんぐり。この絵のワンちゃんは、ご馳走にペロペロしているのですが、ベロで汗をかいているようにも見えます。ポーランドで有名なゲーム・クリエイターの方が連れてきていた可愛いワンちゃんは、みんなの人気者でした。(なぜか私だけ吠えられましたけど...)

何かと物議をかもしたポーランド戦でしたが、私としては、ポーランドも勝ち試合になって良かったんじゃないかなと、勝手に思っています。

話は変わりますが、最近、[ Oculus Go (オキュラス・ゴー)]に夢中です。ケーブルもなくなったし、360度アプリの完成度が高いので、その没入感とリアリティに圧倒されています。フェルメールの絵画の中に入って窓の外を眺めたり(Art Plunge)、宇宙戦争のファイターになったり、AIにこき使われる労働者になったり(Virtual Virtual Relity というらしい )すごく面白いですね。

サッカー・W杯も、次回の大会あたりでは、VRで試合を見ることになるのでしょうね。ゴール前から見て、ルカクとかロナウドのシュートが超高速で向かってくるなんて! 怖すぎぎるでしょう。でもいっぺん見てみたいかも?あまりの臨場感に興奮して、もう現実には戻ってこれないかもしれない。

しかし問題もありますよ。
VRの問題を発見しました。

ゴーグルをかけていたら、みんなで盛り上がれないでしょ。
ゴールシーンでも、乾杯とかできませんね。所詮。ははは。

あ、 いや、VR室内でVRビールでVR仲間とVR乾杯すればいいって?
あ、なるほどね...