投稿

7月 8, 2018の投稿を表示しています

時代が濾過するもの

イメージ
ポーランド出張で最初の食事は、イタリアンのスパゲティ・ボロネーゼでした。チャンスを逃しているというか、自分で状況がわかっていないというか、ちょっと残念ですよね。ピエロぎ食べればよかったのに...
だって世界中どこへ出かけても、イタリアン料理は盤石で美味しいんです。そういえば、昨年の出張で、何時間も待たされた香港の空港ターミナルで食べたのもボロネーゼでした。とにかく疲れていたりするときは安心なのです。
ところで、我が家のトイレのカレンダー。今月の格言は高村光太郎先生の 「時代は去る。しかし時代が濾過した人類への寄与は永久に死なない」という言葉でした。
イタリアが産んだボロネーゼ・スパゲティは、時代が濾過したもの、時代が選択した美味しい料理ということで、世界に広まって行ったのだ。美味しいものは永遠になくならない。未来に残るのものなのだ。
それでは、日本発のものの中からは、何が生き残るのだろうか。 時代の濾過に耐え、日本から世界に広がって行くものって?
アニメ文化。モッタイナイの心。  それともタクシーの自動ドア?  やはり観光客に大人気の回転寿司? ポケモンGo?
意外と思い浮かばない...

なんでもいいけど、とにかく、
数百年後に日本が尊敬されるものがいいですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



友人からコメントいただいたので、以下追記します... 

なんと、スパゲティ・ボロネーゼの発祥の地、イタリアのボローニャでは、ボロネーゼにトマトは使わないとのこと。コロンブスがトマトを見つけてくる以前からあるのだから、間違いないとのことです。 これも時代に濾過された結果なのですね。 肉とスパゲティの料理だったボロネーゼに、いつかトマトが加わって、世界に広まったということでしょうか。長い時間をかけて。