後ろ向き


ボートは、急な「あと戻り」はしない。後ろを目指すとしても方向転換して前向きに進む。

最近、原稿をたくさん書く仕事があって、本を山ほど並べて広げては、調べものをしている。すると、時々あるべき本が見つからないことがある。その後で、それが非常に気になってしまう。

ものを失くしたり、どこかに忘れたりすると、気になってしまうものだ。たとえ、手元には、他にも良いものが沢山あるとしても、なぜか失ったものばかりが、気になるのだ。

「出来なかったこと」も同じだ。出来たことも沢山あるのに、今日までに予定通り出来なかったものばかり気になる。何かの〆切前は、こういう気持ちになりがち。

しかしこれは、あまりに後ろ向きな考えかたかも。いままで出来なかったことではなく、これから出来ること、出来る時間をありがたがって楽しみたい。ボートみたいに、前だけ向いていきたいものだ。

やはり〆切のせいでしょうか。
珍しく殊勝なことを考えました。

Popular posts in Avokadia

富に至る道

帝国ホテルについて知ったかぶり

ホモ・ルーデンスのアミューズ