砂嵐の日まで19日

先週あたりから、ついにアナログテレビの画面内に(☆1)「このテレビはまもなく映らなくなります」というメッセージがはいるようになった。画面の左下に、結構おっきく出るので、もともとの画面にスーパーがはいってるときは、すごく見づらい。

DPA(☆2)にいるの友人の話では、これはもともとの計画どおりのことで、アナログ放送終了にむけて、どんどんエスカレートしていくように決まっていたということなのだ。

でも、これは東日本大震災の前に決めていたことでしょう。日本全体が、なかなか進まない復興に苦しんでいているこの時にこれかねー。被災地や全国各地(☆3)で、アナログテレビしか持っていなく人もまだ多いなかで「このテレビは映らなくなります」って、ちょっと、メッセージの出し方がきつすぎませんでしょうか。

ビジュアル・アーティスト季里ちゃん(☆4)のFBを、いつも楽しく読んでおります。で、先日のテレビの話には吹き出した。

以下、(まんま)抜粋させていただきます。

< 先々週、テレビが突然砂嵐!になり、程なくして地デジカが、「驚かしてゴメンナサイ。お宅のTV、まもなくこーなりまっせ。」のCMがあった翌日からTVが写らなくなった。時々電源源が入らないことがこれまでもあったけど、コンセントを抜いて差し込んだらオッケーだったのに。。地デジ化の日のリアル砂嵐を体験したかったけど、そのために修理に出すのもちょっとね。。>

今回の話はホント笑いました。元NHK職員として、笑ってていいのかなーと思いながら。せめて、「ご迷惑をおかけしますが...」くらいの謙虚な表現な態度でもいいのでは? ただでさえ、若者のテレビ離れが激しいんですから。今回のアナログ停波で、テレビを奪われるのはおそらく高齢者が多いことでしょう。もう少しソフトな表現も出来るのでは。

しかし、この「砂嵐CM」のギャグセンスって、どこかで見たぞ。何かに似ている。そうだ、あの松本(博多B型)復興大臣のきついギャグに似ている。復興の公務で疲れた岩手県知事に、「がんばれ」と書いたサッカーボールを蹴り込む。あのセンスに近いね。上から目線で、ちょっと傲慢にスベる感じ。「いくぜ!砂嵐」って。季里ちゃんのうちの大事なテレビさんにとどめをさしちゃった。あんまりだー。

松本大臣のダークなギャグに、国民ががっくりきている時です。地デジCMのギャグも、ほどほどがよろしいかと思います。

つづく...

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
☆1:この前までは、いちおう、画面の外だったんだけど。
☆2:社団法人デジタル放送推進協会 >>>
☆3:東北3県については、アナログ停波を一年間、遅らせる事になりました。
☆4:ほんとうは「季里さま」というべきところ。長年のおつきあいでなれなれしくご紹介させていただきました。http://kiriworks.exblog.jp/

Popular posts in Avokadia

二番目は必要ですか

時代に取り残される

ショーウィンドウ