無為にすごせ

朝ドラ「ゲゲゲの女房」が終わってしまった。最終回は、視聴率も 23%を超えて、国民的朝ドラとしての有終の美を飾ったそうだ。ところでそのドラマで、水木プロの事務所のセットに貼ってあった、この貼り紙が気になりました。

「無為に過ごせ」

その貼り紙には、こう書いてあった。妖怪「いそがし」にとりつかれるほ ど多忙を極め、それこそ仕事と心中するほど全身全霊を傾けた水木先生。 その先生の真意はどこにあるのか考えた。確か、水木先生の著書にもあった言葉だ。

「無為に過ごせ」と言われれば、凡人の私なぞはさっそく無限おさぼりループに突入するだろう。大リーグ中継→お笑いDVD→昼寝。早風呂→ビール→ポテチつまんで新聞をぱらぱら。ぼんやりしているうち に眠くなって結局は早寝。まあ、そんなものでしょう。

凡夫が、文字どおりに無為に過ごすというのは、かくのごとく無駄で、非生産的なものだ。水木先生は、一体どのような「無為の時間」を過ごせと いうのか。

そういえば、壁の貼り紙には、もうひとつこういうのもあった。

「人間、努力をしてもうまくいかない時は、時機の到来を待つしかない」(ちょっと違ってるかも、確かゲーテの言葉らしい...)

時機が熟してもいないのに、人間がどんなに頑張ったって、それは駄目だよ〜。ジタバタしたって無理は無理。

うーん。深い。
これら二つの「貼り紙」に込められた、水木先生のメッセージとは何か?

人間、じたばたせずに、落ち着いてじっくりやりなさい。無理矢理に、目標を超えようとあせっても無駄。役に立つとか、利益がどうとか、いって ないで、悠然とやりなさい。無為に過ごしているようでも、本筋さえやっていれば、道はいつか自然に開けるから。

今日のところは、こういう解釈で、考えておこうっと。
水木先生、有り難うございます。無為に過ごしながら、時期を待ちます!(頑張ります)


Popular posts in Avokadia

レイチェル・リンド

あぶくのような人生

おそらく史上最低のFBI捜査官だけど