王様じゃなかったの


豊かな自然と資源に恵まれた王国・ザムンダに君臨するジョフィ・ジャファ国王。(☆1)この国のすべては、彼の意のままに決められている。ひとり息子であるアキームが二十歳になった日、国王はアキームの結婚相手を、隣国の王女とすることを勝手に決めてしまう。当然である。ザムンダ国の法律には「王子の妃は国王が選ぶ」と、ちゃんと書いてあるのだから。

コメディ映画「星の王子ニューヨークへ行く(☆2)」は、アフリカのロイヤルファミリーの話だ。ロイヤルファミリーと言っても、親子関係の問題は世間と同じ。普通の恋愛をしたい王子の気持ちは、伝統を重んじる王様の考えとは違う。王様の帝王学に従いたくない王子は、自由の国アメリカへと飛び立つ。

王子アキームと、いい加減な従者のセミが、ニューヨークのクイーンズを舞台に繰り広げる、お妃探しのドタバタは最高に可笑しい。放埓で自己中心的な人間ばかりの現代アメリカで、清純な王妃を探すアキームの奮闘は、大騒動を巻き起こす。ついに二人の暴走に気づいたジョフィ・ジャファ王は、ニューヨークまで乗り出して強権発動。アキームを無理やりに連れ帰ろうとする。


「王子の婚約者は王が決めると法律に記されておるのだ」

ここで、普段は従順なオーレオン王妃がこう言う。

「あら、あなたは王様じゃなかったの? 」
「王様なら法律くらい変えられるかと思ってたのに」

ラストをひっくり返す、名セリフだなあ。独善的な王様に強烈な一発カウンター。口を開けたまま返答できない王様の顔が、最高に笑えるのだ。

しかしまあ、いかにコメディとはいえ、強力な権力者が何でも好き勝手に法律を変えるというのは、ちょっとまずい。特にいまの日本の政情を考えると、笑ってばかりもいられないかもしれない。

でもね。この映画に関する限りは大丈夫。ジョフィ・ジャファ王は、暴走する独裁者ではなかった。ファミリーの幸福のため、国民の幸せのためにはになんでもする賢人ヒューマニストなんだから。そしてなによりも、息子を愛する「優しいパパ」なのだから。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆1:ジャファ王を演じるジェームズ・アール・ジョーンズは、ダース・ベーダーの声で有名。
「フィールド・オブ・ドリームス」では、隠遁中のサリンジャーを演じた。

☆2:ジョン・ランディス監督のコメディ作品。「大逆転」の続編的位置づけ。


Popular posts in Avokadia

ホモ・ルーデンスのアミューズ

帝国ホテルについて知ったかぶり

雨に負けぬ花