ゲームの未来をさがせ!

セッティング中の水口哲也さん
ゲーム界のスーパースターが、東京工科大学にやってきました。

学生や高校生のみんなが待っていたミスター・テツヤ・ミズグチ! 世界で活躍するゲーム・クリエイター水口哲也さんです。今日の「スペシャル・トークショー」は「未来のゲームはどこに向かうのか?」というタイトルで、これまで常にゲーム制作の第一線で活躍してきた水口さんが、これからのゲームについて語ってくださるものです。メディア学部でゲーム・プロデューシングを担当する三上浩司先生も、対談で参加しました。

実は、いままさに水口さんのプレゼンテーションが進行中! ますは、30年間のゲームの歴史をふりかえりつつ、ゲームというものが人間に与える力、影響力を考察しています。水口さんの代表作のひとつ「Rez」は、音楽とリズムがもつ根源的な力を、活用して、プレイヤーの感性に直接働きかけるものだったそうです。このゲームは、世界的なヒットとなりました。

それにしても、ATARI の「PON」を見ると、本当にカワイイ〜! その後の「セガ・ラリー」、「スペース・チャンネル5」と続けて見ると、ゲームというものは、本当にものすごい発展を遂げたんですね! 「スペース・チャンネル5」に、マイケル・ジャクソンが登場するまでの話は、ほんとうにびっくり!レアなお話におどろきました。

しかし、これからのゲームビジネスは変わりますね。「遊び」「癒し」としての道具から、社会における「メディア」として独自の展開をとげることでしょう。東京工科大学でも、このへんのことを探求するコースが登場します。ゲームによって未来を変えて行く若者たちが、大学に集まってくれることを期待します。

このあと水口さんの実演が!
Child of Eden  (C) UBISOFT

そして最後に、世界でヒット中の「 Child of Eden 」の、実演です! 水口さん自身が実演するこのゲームが見られるなんて、すごいラッキーでした! 水口さんから、このゲームをプレイするためのコツをくわしく聞いてしまいましたよ! COE が日本で発売になったら、最高得点をめざすぞー!

Popular posts in Avokadia

レイチェル・リンド

帝国ホテルについて知ったかぶり

クリングゾルの最後の夏