帝釈天参道の青空


雲ひとつない青空を吹き抜ける南風。矢切の渡しが行き来する江戸川を渡ると、岸辺ではたくさんの凧が飛んでいました。ここは柴又帝釈天へ続く川岸。

参拝を終えて、参道の人波をかき分け進んで、いつもの「かなん亭」にたどり着きました。もつ煮込み、特製ラーメン、ミニ鰻丼、焼き鳥、そして寒天。どれもこ柴又の定番メニューです。特に寒天は、地元千葉で捕れる天然の天草から製造している逸品なのです。

参詣客で賑わう外を眺めつつ、焼き鳥をほおばっていると、平和な時代の平和な国に生まれた幸せを実感します。こういうなにげない日常を繰り返し迎えられること、これが幸せなんだなぁ。串をくわえながらぽかんとしたアタマで思いました。いつまでも、こういう日本であってほしいです。

ところで「かなん亭」は、映画「男はつらいよ」シリーズ第20作「寅次郎 頑張れ!」に登場します。ワット青年(中村雅俊)が、あこがれの幸子(大竹しのぶ)に会うために通いつめる食堂「ふるさと亭」として使われていましたよ!

みなさまは、どんなお正月をお過ごしでしょうか。
今年もなにとぞよろしくお願いいたします(=゚ω゚)ノ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


大きな地図で見る

Popular posts in Avokadia

ホモ・ルーデンスのアミューズ

帝国ホテルについて知ったかぶり

大機大用