信じられるもの



10月9日はジョン・レノンの76回目の誕生日。FBに生前の彼の言葉が紹介されていた。

「僕は、科学がその存在を否定しない限りどんなものでも信じる。妖精、神秘、ドラゴン。人の心に存在するものは、実際に存在しているんだ。夢や悪夢だって、いま感じているのと同じようにリアルじゃないか?」

中国の重慶郊外で、古い寺院の屋根を見た。

その屋根の棟では、魚の姿をした守り神が水を吹きかけていた。火除けの力を持つ精霊だ。この寺院を建てた人々には、不思議な力を持つ神秘の姿が見えていたのだ。ジョン・レノンのように、感性豊かで詩情あふれる人々だったのだろう。


Popular posts in Avokadia

レイチェル・リンド

大機大用

あぶくのような人生