投稿

9月 11, 2011の投稿を表示しています

めかたで売るな

イメージ
めかた〜でオトコが売れるなら、こーんな苦労も。
こーんな苦労もかけまいに。

映画「男はつらいよ」のオープニングで、私が思い出すのはこのフレーズ。作詞した星野哲郎さんが、この曲にこめた「男のつらさ」が凝縮されているような気がするから。「どーぶに落ちぃてーも、根のあるやつは」とか「今日も涙の陽が落ちる」など、他にも名フレーズがあるけれど、なぜかこの「めかた」の歌詞が好きです。

もちろん、寅さんの本当のメッセージは逆でしょう。「めかたで売っちゃダメ。男の価値はココだぜ(といって、胸をたたく)」というのが本心。売りたいのは「男の心意気」ですよ。男がめかたで売れるなら私も楽です。この数年はメタボ街道まっしぐら。「めかた」だけは、売るほどあります。キロ10万円とかマグロ並みに売れたら楽ですよ。でも、それでいいものか。現代社会は、男をめかたで売っていいのか。