コップのバジル地球温暖化と闘う

コップの中のバジル。
ちょっとだけかもしれないが、地球温暖化と闘っている。


アマゾンの中心に325メートルの巨大タワーが建設される。そんなニュースを新聞で読んだ。アマゾン・トール・タワー観測所(ATTO)と言って、その周辺の数百キロの範囲についてあらゆる気象データや、二酸化炭素の吸収量などを測定するのだそうだ。

ブラジルを中心にしたアマゾン川流域の熱帯雨林は、地球全体の気象変動に大きな影響を与えるほど巨大。しかし、そのアマゾンの熱帯雨林の年間消失面積は増加し続けている。うーん、とても心配だ。どうすれば、地球を温暖化の一途から救うことが出来るのか。

うちのテーブルに載って、葉っぱを広げているバジル君。この小さな葉っぱも、一生懸命に、二酸化炭素を取り込んで、光のエネルギーを定着してくれている。こんな芸当ができるのは植物だけ。人間は、まだその一部をちょっと真似できるだけ。

今日、僕がはきだした分の二酸化炭素も取り込んでくれるかな。
こんなに働き者なのに、ちぎってパスタに乗せたりしてごめん。

Popular posts in Avokadia

未来が来た

待たされる時間

AIにはできない(その2)