サクランボの季節よさようなら

サクランボのシーズンも終わりました。いよいよ、本格的な秋の到来でしょうか。今朝の錦織選手の試合が、ちょうど今年の夏のおわりを告げているような気がします。



もとの会社の同僚が、FBで彼岸花の最速開花レポートをあげてくれました。
自然界は、着実に季節をはこんでいるのですね。

新聞によると、大阪道頓堀の界隈では、江崎グリコ大看板が改修中だそうです。いままでの五代目看板にあった通天閣が、六代目の新しいデザインにも残るのかどうか、注目が集まっているようです。グリコ側は、そのデザインの全貌を、まだ明らかにしていないらしい。

東夷(あずまえびす)の私としては、大坂文化についてなどなにもわからないのです。でも、その中に古いものが去って新しいものが現れるという、自然の摂理を見るのは楽しみなことです。去る者日々に疎しです。通天閣の去就は、これからも注目してまいります。

まもなく、アップルの新製品発表会が始まりますね!
この秋の到来とともに、また何か新しい未来がやって来るのかしら。

この間も書きましたが、この年にもなると、むしろ日頃の環境はもう変わらないほうが、有り難い。いまある環境で、もー十分。しかし、そう言いながらも一方では、なにかワクワク感をみんなと一緒に楽しみたいという気持ちもあります。ワクワク。

そうそう。もしかすると、道頓堀グリコ看板の六代目で、あのランナーは、
その手にナイキのFuelBandか、iWatch をつけて走っているのかもしれませんね。

Popular posts in Avokadia

ヤノマミ族のこと

土壌の塩化という問題を考えてみた

大機大用