メロンの快進撃

錦織選手のUSオープン快進撃、凄かったですね。この数日間、ほんとに楽しませていただきました。放送権料が高騰しているためか、NHKのBSでも放送してもらえなかったのは残念でした。



価値あるものには高値がついて、一般市民の手から離れていく。

マスクメロンも一般市民からは遠いです。頭に一本だけ茎をつけて「僕、大事に育てられました」という顔をしてます。果物売り場の最上段が似合う果物界のプリンスと言えます。

数日前に、金魚と人間が共存繁栄しているのでは、といことを書きました。マスクメロンの運命も同じようなことが言えるのかもしれません。彼らの種の繁栄も、あくまで人類との一蓮托生である可能性があります。これは彼らにとって良いことなのかどうか。

私が務める大学には、時々「メロンパン屋さん」が、特別仕様のトラックでやって来て、メニューはすべて「メロン」関係のようです。甘い香りが、キャンパス中に広がるのですぐに分かります。なかなか高価なものですが、行列ができるほどの人気。富良野メロンパンなどというメニューもあります。

こちらもさしずめ、パン界のプリンス。
メロンと人間の関係を利用した、スマートな進化戦略に成功したパンと言えましょう。

マスクメロンの「マスク」というのは、甘い香りのする「麝香鹿(じゃこうじか)」の"Musk Deer"からきたものだそうです。
「仮面」の"Mask"ではないのだそうです。

マスクメロンは順調に快進撃を続けているようですが、「麝香鹿」のほうは、かつての乱獲によって絶滅の危機にあるらしいですよ。

人間に珍重され、注目されるということは、決して良いことばかりではないのかも。むしろ危険信号?そう考えることもできます。

さて、今夜遅くには、アップルの新製品発表会ですか。
明日のいまごろは、みんなでiWatchについて盛り上がっているのかしら。
楽しみな話題が続きますね。


Popular posts in Avokadia

ホモ・ルーデンスのアミューズ

帝国ホテルについて知ったかぶり

大機大用