この線を描くのに何年かかったか

30年前に大流行した「ビックリマンシール」が復刻されて人気を集めているそうだ。


渋谷で「ビックリマン原画展」が開かれて、平日の初日にも行列になったらしい。 

当時、ビックリマンシールのキャラクターデザインを手がけていた、大坂のデザイン会社「グリーンハウス」のデザイナーさん。当時は当然ながら「手描き」だった。キャラクター太い線を、使い込んだペンで描いた。「この線を描くのに何年かかったか」というコメントが泣ける。 

いま、大学で学生さんたちにデザインを教えたりしてるのだが、手描きに挑戦しようというのは、ほとんどいない。よくてもタブレットペン。ガシガシ塗ったり消したりは、まだいいとして、ガシガシとコピペしたり回転したりレイアウトしたり。色だって、一気に変えてしまうこともできる。

 反則じゃんね。 

そう思うけど、それはそう思う僕が時代遅れ。手描きの時代にはもう戻れない。すべては、タッチパネルやペンタブレットから生み出される。そういう時代になってしまったのだし、もう昔に戻る予感はこれっぽっちも無い。

まもなく、ハサミものりも、ペンも鉛筆も使わない子供たちが育っていくのだろうか。

Popular posts in Avokadia

富に至る道

帝国ホテルについて知ったかぶり

ホモ・ルーデンスのアミューズ